アーロンチェアの使い方 シートの高さ調整|ハーマンミラーの正規販売店 vanilla

いらっしゃいませ ゲストさん

トップ > アーロンチェアの使い方 アーロンチェアの機能と効果 > アーロンチェアの使い方 シートの高さ調整

シートの高さ

シートの高さのレバーアーロンチェアに限らず、デスクワークではシートの高さは理想的な姿勢を維持するうえで大変重要な機能です。
シート(座面)の高さは、一般的なワークチェアと同様に、アーロンチェアに座り右側にあるレバー(右写真)を使って簡単に調整することができます。ガス圧式シリンダーのため、下げる時は座って体重で押し沈めるようになります。スムーズに可動しますが、適度な弾力を持った固定となり、また、座面の張り地自体が座ると沈むため、座りながら体感で調整するのがポイントです。
高さの目安は、座った状態で太ももが水平になる位置となります。もしくは、足のカカトが浮かないギリギリの高さがいいでしょう。
もし、座っていて太ももに座面の圧迫感がある場合は少し下げることをおすすめします。


調整のポイント

ポイント アーロンチェアのもつ機能を最大限に活かすには、まず深く腰掛けることが重要です。
尾てい骨を背もたれに押しつけるように深く座ってください。
ポイント レバーは座った状態で引き上げると体の重みで低くなり、腰を上げて引くと高くなります。
ポイント 理想的な姿勢を保つには、太ももが床面と平行になり、足のカカトにほとんど体重がかからない高さが最適です。